フレキシブルパッケージングのサーキュラーエコノミーは、すべてのリサイクル技術 を活用することを求めています。

現在、メカニカルリサイクル が主要なプロセスとして使用されており、メカニカルリサイクルされたポストコンシューマー・ポリエステル(R-PET)を使用したソリューションは、何年も前から私たちのポートフォリオの一部となっています。

ケミカルリサイクルや高度なリサイクルによる材料は、より確立されたリサイクル技術を補完し、よりフレキシブルなパッケージのリサイクルを可能にします。 これにより、ISCC Plus認証スキームのもと、食品用途にリサイクル素材を組み込むことが可能になります。数量が限定されているものの、化学的に処理されたPE、PP、PAも将来的に再生素材として考慮に入れられるようになるでしょう。

当面は、バージン原料 をリサイクルされた代替品と交換することで、プラスチックを製造するための炭素排出量と化石燃料の消費量を削減しています。
サーキュラーエコノミーと は、プラスチックの未来について国内外で行われている多くの議論の礎となっています。 「take(資源採掘して)、make(作り)、dispose(捨てる)」という直線的な経済から、リサイクルによる循環型の経済への転換は、未来への責任を果たす上で、私たちが直面する最大の課題の一つです。
新規開発や回収・選別インフラの改善により、材料のマスフローが増加し、フレキシブルパッケージングのリサイクルに新たな機会がもたらされます。 しかし、現在の機械的なリサイクル技術では、より複雑な素材をリサイクルすることはできず、食品包装などの用途でのリサイクル素材の再利用には限界があります。
ケミカルリサイクルやアドバンスドリサイクルは、既存のリサイクル技術を補完することができます。幸いなことに、ケミカルリサイクルの分野では代替技術の開発が進んでおり、そのうちのいくつかは近い将来、より大きな生産規模に達するでしょう。今のところ、高度なリサイクルが認められ、受け入れられることで、より多くのフレキシブルパッケージングがリサイクルされ、同じ用途で再利用できるようになっています。 .

サプライヤーと共にISCC Plus認証スキームを活用し、お客様とのクローズドパートナーシップを通して、新しいソリューションを導入しています。

製品の特徴

リサイクル可能のカテゴ リーから

GreenChoice by Wipakには持続可能なパッケージング・ソリューションの全ての製品ポートフォリオが含まれています。こちらで、当社の最も重要な製品の1つが紹介されています。

再生PET素材を30-80%使用した パッケージングソリューション

Repak

蓋部分:

REPAK TOP ECO 65 PET

底面:

MULTICLEAR R 300

  • 95% PETベースのモノマテリアルソリューション
  • モノAPETボトム、再生PETはシェア 素材(最低30%、最大80%まで可能)
  • PETトレイを回収し、分別してリサイクルしています。 一部のEU諸国*
  • 曇りが少ない優れた透明性と再封可能でパッケージ全体の魅力を向上
  • 20-40%削減 ボトムにR-PETを30%以上使用することで、CO2排出量を
  • ハイバリアソリューションを提供
Reclose
Highly
Recylate
Carbon emissions

PETベースのリディングフィルムのポートフォリオを補完するものとして BIAXER ECOソリューションには、剥離可能と密封ソリューションがあります。

*考慮すべき回収・リサイクルインフラの地域差

リサイクル素材を使用したPEまたはPPベースのパッケージングソリューションをお探しですか?

“「私たちは献身的にお客様をサポートしていきます!」!”

Antoine Cassel R&Dディレクター

再生可能カテゴリーの他のパッ
ケージングソリューシ
ョンに興味があり
ますか?

専門家にご相談ください

    Flame bottom
    Contact Us contactUs