SCRIPTICS

Wipak | 再生可能 Wipak | 再生可能 Wipak | 再生可能 Wipak | 再生可能
再生可能な原料から作られた紙や新しいプラスチックのような再生可能な原材料を使用することは、化石資源からの自立を達成するのに役立つ。そうすることで、地球の化石資源に何千年もかけて蓄積された炭素の大気中への追加放出を回避することもできる。

再生可能素材をソリューションに組み込む際、すべての素材が責任を持って調達されていることを保証します。私たちはFSC®認証紙とISCC Plus認証再生可能原料を使用しており、いくつかの事業所ではすでにFSC® COCとISCC Plus認証を取得しています。
GreenChoice はカーボン・ゼロへの道を開きます。
Wipak | 再生可能 Wipak | 再生可能
Wipak | 再生可能
紙製複合材は、数十年にわたり私たちのポートフォリオの一部となっています。現在では、プラスチックの割合を減らしたり、紙とプラスチックを分離する機能を持たせる設計をしています。最新の紙製ソリューションは、薄い機能性コーティングのみを施しています。紙ベースのソリューションは、対応するリサイクル・インフラがあるEUのいくつかの国でリサイクル可能です。責任ある調達を確実にするため、私たちはFSC®認証紙を購入し、多くの事業所がFSC®COC認証を受けています。
Wipak | 再生可能
プラスチック生産における資源としての再生可能原料は、私たちのソリューションにおける再生可能原料の割合を増やすことができます。しばしばバイオベースプラスチックと呼ばれる、当社のフィルムに使用される再生可能原料は、ISCC Plus規格に従って認証されています。再生可能原料をPE、PP、PAに組み込むことで、より持続可能なパッケージングの未来に近づくことができます。再生可能な代替原料を使用する例として、パルプ製造の残渣から生産される粗製トール油があります。粗製トール油をバイオナフサに変換することで、プラスチック包装用樹脂の生産に使用することができます。
Wipak | 再生可能
PAPER TOP® PDは、マスバランスアプローチを用いて紙と再生可能原料の両方を統合した、当社初の気候変動に左右されない製品群です。当社のプロダイレクト®デジタル・インクジェット・プリンティング・ラインで印刷された紙複合材は、再生可能エネルギーに基づくだけでなく、2021年7月からは完全に気候変動に中立的なソリューションとなっています。これに先立ち、このような複合材の生産は最適化され、CO2排出量はその段階で可能な限り削減されています。
Wipak | 再生可能
私たちは、クライメート・パートナーと協力し、認証された気候保護プロジェクトを通じて、残りの炭素排出量をオフセットしています。
オフセットすることで、例えばプラスチックバンクのクリーンオーシャンズ・イニシアチブを支援し、海に流れ込むプラスチックを減らし、倫理的なリサイクルシステムで再利用またはリサイクルされるようにしています。このような活動は検証された排出削減量を生み出さないため、このような海洋保護イニシアティブの支援は、国際的に認められたカーボン・オフセット・プロジェクトと組み合わせている。これにより、気候ニュートラルと海洋保護を同時に実現することができる。
詳しくは、ClimatePartnerのウェブページ(www.climatepartner.com)にアクセスし、当社のClimate ID(12374-2107-1001) を入力してください。
クライメート・ニュートラルとは何か?
Wipak | 再生可能
クライメート・ニュートラルとは、企業、製品、サービスのカーボン・フットプリントが国際的に認められた基準に基づいて計算され、国際的な気候変動対策プロジェクトを支援することによって完全にオフセットされていることを意味します。 クライメートパートナーの「クライメート・ニュートラル」ラベルは、不可避的な温室効果ガスの排出がオフセットされていることを証明するものです。分かりやすくするため、すべての排出量はCO2排出量と表記し、CO2トン単位で測定しています。これは、CO2換算値、すなわち関連するすべての温室効果ガスを意味しています。CO2排出量のオフセットは、回避や削減と並んで、全体的な気候変動対策の重要なステップであります。
アイコンをクリックして、その他のソリューションの詳細をご覧ください。
Contact Us contactUs
Wipak | 再生可能

How we work